スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

電子出版・就職活動・有料メルマガ その3

電子出版・就職活動・有料メルマガ その3

大川です。

前回・前々回と有料メルマガで食っていく可能性について書きましたが、
今回は3回め、ポイントを決めて掘り下げてまいります。

いままでの記事はこちらにまとめました↓
http://daiad.jugem.cc/?cid=21

今日のテーマは
コンサルティングと有料メルマガ
です。



まず、コンサルティングを以下のように定義します。
・何かを改善するアイデアを提供するor直接改善する。
・対価としてお金をもらう
です。

対象企業へのコミットの深さや対価の種類(お金・株式・ストック
オプション・サツマイモ等)は様々ですが、だいたい上記の定義の
中にコンサルティングは含まれるとします。

その際、よくあるケースが『月額いくら』でコミットするというもの
です。



たとえば、個人営業のコンサルタントが毎月10万円をフィーとして
設定し、そのかわりに月1回ミーティングに顔を出すというのは
よくあるパターンです。

もちろんミーティングに顔を出して、キレのある意見を述べて、
チームを引き締めた上で前にすすめるというのは費用以上の価値
がありますが、物理的な移動や時間的な拘束はもちろんのこと、
対象企業内では
『コンサルタントに支払う月額コスト』
というのは常に経費におけるリストラの対象として検討され続け
ています。コンサル開始初期にがばっと功績を挙げ、そのあとも
なんとなく契約が続いている場合などがこのパターンです。

このパターンは定期的に対象企業の部署、担当者からその貢献度
を値踏みされ、それぞれ値踏みをした担当者同士が議論をして、
『もういいんじゃないかな』
という結論が出るまで値踏みは続きます。



こうした不安定な関係を克服するためのコンサル側の防御策は
『コンピュータシステムを提案に含める』
というものです。

そもそも劇的な改善自体は『ヒアリング』と『システム構築』によって
コミット初期の数カ月で達成するのですが、そのあともシステムという
ブラックボックスが対象企業内に存在しつづけるために、
『微妙に払える金額』

『メンテナンス費』
という項目が居座り続けます。

つまり、対象事業の効率化、改善をミッションとしながら、その実は
『寄生』のメカニズムで企業とかかわり続けるため、なんともいえぬ
違和感を抱えながら両者の季節は巡っていくのです。

で、
この矛盾のもうひとつの大きな側面は、
『いまどき、たいていの問題の解決には、本当はそこまで金かからない』
という事実です。



以前、渋滞学の西成先生にお話を伺ったとき、高速道路の合流渋滞
を解消するために立体交差や車線を増強したりする必要は一切なく、
適当な長さの黄色い車線を引くだけで解決するんだと聞いてたいへん
感動をしました。

https://techon.nikkeibp.co.jp/article/TOPCOL/20070907/138896/

もちろん、渋滞の解決方法がそのまま企業活動に応用できるわけ
ではありませんが、国においても企業においても、
『ねぇ、金かけずに解決しようよ。』
と断言できる立場の人間が無力なために、高コストな体質のまま
対外的な競争力を失っているのが現在の日本の状況なのです。

で、

じゃあ有料メルマガがそこにどう貢献できるかというと、以下のよう
な案を弊社役員の小森が考案をしてくれました。



・対象企業に、無料で最善の方法を提案する
・初期費用も月額費用ももらわない
・システムも最善の選択肢をいくつか提案し、選ばせる。間に入らない。
・ミーティングも必要のないものは出席をしない
・つまり、全力の最善案をそのまま提案する
・忘年会も行かない。

で、

・そのプロセスと結果を詳しく有料メルマガで書く
・読者に対してノウハウをすべて公開する
・対象企業に提案が採用されても採用されなくても書く

というものです。
守秘義務との兼ね合いはありますが、そこは対象企業と相談をしな
がら、案件ごとに時間差掲載や匿名掲載をすることによって解決が
できます。最終的には実名を掲載していくことで読み物としても
ダイナミックなコンテンツになります。

この方法ならば、タダなので値踏みされることもなく、相手のプロトコル
に合わせて連絡をとりあうこともなく(メールじゃなくてFAXで!等)、
対象組織の自主的な活性化も喚起しつつ問題の解決に近づいていく
ことができるんじゃなかろうかねと考えております。

しかも、1人の人間が月に1回顔を出して50万円もらえることは今時
なかなかあり得ないですが、メルマガの価格を1000円にして読者が
1000人集まったらグロスの売り上げが100万円になるのです。
数字の現実味もさることながら、なによりも『最善の策』を『全力で』
提案できる喜びというのは、仕事をする側もされる側も本当にすばら
しいことだと思います。



僕自身、知人の会社やお店から効率的なネットの活用法について
訊ねられることが本当に多いのですが、お金をいただいた上でアド
バイスをして、ミーティングへの参加義務やマンスリーの値踏みが
発生するのが本当にいやで、いつも必ず無料で手伝ってきました。

それでもこれからはケースの大小に関わらず、してきたことのすべて
のプロセスを共有していければと思い、自分自身創刊の準備をしています。

もちろん企業に対するコンサルに限らず、個人的なカウンセリングでも
なんでもいいんです。質疑応答と改善のプロセスを観客のいるTVショー
にするつもりでメルマガを書けば、同じ問題を抱える人にとってこんな
に有益で効率的なメディアはないとおもいます。

ダイエットでも、婚活でも就職活動でもなんでも、自分自身が書いて、
質問を受けられるものは意外と身の回りにあるもんです。

僕自身のメルマガが創刊したらまたブログでお知らせしますので、
それまでの間ご自身の事業などについて提案が欲しい方はいつでも
ご連絡ください。

おもしろそうなものから順番に、無料で最善をご提案します。

次回は、 『旅人と有料メルマガ』について書きます。

@daiokawa

スポンサーサイト

トラックバック
この記事のトラックバックURL